スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

130個の段ボールとステーキランチ。

オランダに来て次の日に日本から出した船便が届けられることになっていた。
6月1週目に出したのに、8月1週目までかかってしまったのは

怪しい荷物があって税関で引っかかっていたからではなく
だーさんが7月最終週から出張で留守にしていたのと

いや、それでもちょっと遅いんじゃないの?と7月中旬に思っていた矢先
インド洋でタンカーに亀裂、炎上して航行が…という連絡をもらったらしい。

え?うちの荷物が海に?! と、かなりビビったのだが
どうやらうちの荷物が載っていたのはそれよりも後に出た船だったらしい。

でも、悲惨な状況の船の写真を見たら本当に胸が詰まった。言葉がなかった。
この事故で荷物を失われた方々に心からお見舞いを申し上げます。

閑話休題

二人ではちょっと広いかなと、思っていたリビングやらベッドルームは
見る影もなく段ボールで埋まってしまった。
本当に片付くのかと途方に暮れたけれど

2013-08-05 (9)

とりあえず現実逃避をすることにした。

だーさんが「唐突だけど、肉、食べたくない?」と、言い出した。
こういう聞き方をするときは、本人が食べたい時であるので
賢明な私は特に異論は唱えない。

そういうわけで、遅めのお昼に出かけたのである。

車に乗って(だーさんが運転する)5分くらいのところに、レストランのエリアがあった。
運河沿いのちょっとオサレなエリアである。

2013-08-05 (8)

こちらのお店です。

2013-08-05 (7)
ステーキで人気のお店だそうだ。

ちなみにお隣は
2013-08-05 (6)
こんなお店である。

お肉の種類とグラム、サイドメニューを選ぶ。

サイドは

2013-08-05 (3)
サラダと

2013-08-05 (2)
ポテトにした。

ポテトのお皿の手前の方にダダもれしているのは、マヨネーズなのだが
キューピーとも味の素ともハインツとも全然味が違う。
こんな酸っぱくなくて美味しいマヨネーズの存在を私は知らなかった。
シンガポールだか日本だかで「オランダニーズソース」というのを食べたのだけれど
それと近いような気もしないではなかった。

よく似た感じで「アメリケーヌソース」というものがあるけれど、あれはケチャップまじりのサムシングだよね。まぁ、それでないことは確かだ。

そしてステーキがやってきたのだ。

2013-08-05 (4)

分厚い。

ミディアムレアで焼いてもらったというか
「当店は基本的にミディアムレアで出してるわよ」と言われたので、そのまま。

2013-08-05 (5)

中はまッかっかだけど全然臭みはないし
脂身なんて見えないけれど全然固くなくて
やわらかくてジューシーで
本当においしかった。

オランダのお肉って普通においしいじゃーん。
と、この時思ったのは勘違いだというのは後で気付くのだけれど。
スーパーで買えるお肉のお値段があのくらいだから、これって結構贅沢な一品なのねと後で気付くのだけれど。

とにもかくにも
これから130個の段ボールと戦うには申し分のないエネレルギーと癒しをチャージした私たち。
意気揚々と自宅に戻る。

だがここにきて、

妖獣「ジサボケ」が出現。
睡魔の術で攻撃され、手も足も出なかった。

明日がんばります。
スポンサーサイト

COMMENT - 2

caco.  2013, 08. 29 [Thu] 07:59

No title

建物の雰囲気がとてもステキですねぇ~!!
ハウ○テンボスみたーいっっってホンマものですもんね。
お肉の分厚さにもビックリ。

ダンポール、うっわぁ~・・・
私だったらいつまでも片づけられそうにないです・・・。
毎日泣きそう。

Edit | Reply | 

mayachiNLnow  2013, 08. 29 [Thu] 21:16

caco.さん。

ハウステンボス、頑張ってるんだなぁと思ったです。

初日は泣きそうでした~。
でも今ではさすがにずいぶん片付いてきたよ。
どうしようもないのは納戸に放り込んでるさ!

あとは旦那の趣味のものなんだけど
いつになったらやってくれるのやら…。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。