ポフチャにトライ。

オランダに住んでいたことがあるmikaちゃんから
「まやちは絶対気に入るおやつがあるから試してね」
ろ、言われていた。

それが ポフチャ (Poffertjes) である。

オランダのガイドブックなどには載っていることが多いので
なんとなく気にしていたのだが

いつも買い物をするアムステルフェーンのショッピングセンターの外の広場で
週に何回か販売されていた。

ええ、例のあくまで物理的に売り子さんがどんだけ上から?という高さの
あの移動販売車である。

こんな感じで焼くらしい。

poffertjes (4)
(ネットから拝借)

本当に小さな一口パンケーキのような
私にはたまらない一品である。

ちなみに、こういうものも売っているらしいので

poffertjes (2)

と、言うことは、こういうものも売っている。

poffertjes (1)

いえ、買いませんよ。買いませんけれどね。


さて、お店の話に戻って。


高いところから売っている割には(偏見)鼻歌なんか歌って陽気な感じのおじさんであった。

私たちが近寄ってもにっこりした、感じのいいおじさんに1パケくださいというと
「はいはーい」てな感じで
たこ焼きの穴がほとんどないに等しいような鉄板で焼いているのを
ぱぱぱと入れ物に入れて
「もう1列いる?」
と言ってくださったので、すかさず「イエーッス!」と言ったのは私です。



写真を撮るのも忘れて無心で半分食べてしまったものがこちら。

2013-09-15 (3)

いや、この画像じゃあんまりだろうということで
どうぞこちらをご覧ください。

poffertjes (3)


同じものです。

粉糖がすごすぎるけれどバターも大量だけれど
でもやっぱり粉物はやめられんぜー
と、思って最後の一個を食べた後

ふと見ると

sakittyo.jpg


あんまり考えたくない。
スポンサーサイト

COMMENT 0