気候についておぼえがき。

今日も朝から曇り空のオランダです。

2013年は夏が長かったそうです。9月の頭まで気温の高い日がありましたが
二日くらい雨が続いた後、急に気温が下がり

朝晩は15度を下回る日もあります。
地域によってはもっと低いのかな。

確かに基本的にはくもり空の日が多くなりました。

「オランダは雨が多い」と聞いていたので
雨の日(この場合は日中の70%が雨天という個人的な認識)が多いのかなと思っていたら

1日に数回雨が降るという意味だということが分かりました。

晴れたり曇ったり降ったり晴れたり曇ったり降ったり
1日のうちにあらゆる状況を繰り返します。
勢いよく降るときもあれば、ぱらぱらの時もあり
さっきまで降ってたと思えば、ものすごくさわやかに晴れ上がったり

そういえば
前任地でも1日に数回はスコールが降るという状況がよくありました(乾季以外で)

気温が低いことが最大にして明確な違いではありますが
雨ばっかり降ってるから憂鬱~
というまででは今のところないです。

お部屋も、気密性が高いらしく暖かく保てますし、まだ薄着でも大丈夫。

でも、外を歩く人はすでにダウンコートを着ていたり
モコモコのブーツをはいていたり

私は、今まで自分が暑がりだという認識は全くありませんで
むしろ、クーラーなどに弱い寒がりだと思ってたくらいだったのですが

さすがに、まだダウンを着て歩く気にはなれません。
30分も歩き回ったら汗だくになりそう。
ていうかなってしまいました。

きっとこれは、オサレを楽しむ意味なのね。

ヨーロッパのショーウインドウはやっぱりオサレです。
あまり晴れた日がないからか、発色の良すぎる服は好まれないようで
シックだったり、アースカラーだったりが主流かな。
デザインも、ラインは出ても露出は少なめかな。
レギンスやデニムはブーツにインするみたいですね。
今年のコートはショートカジュアルが人気のようです。
フードは人気なし。


しまった、着るものが無ぇ…。






私も昔取った杵柄を思い出して、ナウでヤングなファッションに身を固めないといけないかしら。
スポンサーサイト

COMMENT 2

blayboy  2013, 09. 24 [Tue] 04:21

No title

ジャパンがベースとはいえ、
シンガポールからオランダでは違いすぎるから大変ですね。

私には、欧米人は半袖と毛皮のコートが同じ日に混在するイメージがあります。
湿度が低いと何を着てもいいというか、個人の勝手でしょ、が主流ですね。

Edit | Reply | 

mayachiNLnow  2013, 09. 24 [Tue] 09:21

blayboyさん。

シンガポールでの5年半で私の衣類はほとんどが夏物になってしまい
日本での1度の冬はヒートテックでだましだまし過ごしてしまったので
冬物がほとんど無いということに気付いた次第です。

確かに。ダウンを着てアグーをはいてる人の横をデニムに半袖シャツの人がすれ違う
おかしな光景の現在ではありますね。

もちろん、日本人のように流行りだすと右も左も同じような服を着るというわけではないんですが
ロングコートの人が少ないのは自転車に乗る人が多いからかなとか
風が強い日が多いからフードかぶって歩くのは難しいんだろうなとか
雨や雪を知っているからボトムの裾は靴に入れちゃうのかなとか
そういう因果関係みたいなものもファッションを左右する要因にはなるのかも
なんて妄想をしています。

ただ、ご近所を歩いてる現地の方々は色とか素材の組み合わせが上手かも。
その辺はセンスなんですかね。

Edit | Reply |