伊勢屋さんにも行ってみました。

私が住んでいるのは 
アムステルダムの隣町、というのかどうか
隣の市になるのかな?

アムステルフェーンというところになります。

大きなショッピングセンターがあって
とても便利なとこであります。

近所で日本人の方を多く見かけるのでお住まいの方が多いようですね。

近くに海外からの企業の社屋も多いので
日本人だけではなく、中国人も韓国人も
あ、最近はインド人も多くなったそうです。

でも、なぜかそのアムステルフェーンのショッピングセンターには日本の食材を売ってるお店はありません。

なぜかと書いたのはその

インド人の食材のお店はあるんですよ。
中華料理店もあるし。

で、日本食材店はと言えば
ここから車で少し行ったところに2軒ほどあって
それはだーさんに連れて行ってもらったのですが

先日お会いしただーさんの会社の同僚の奥様から
「ここから一番近いのは伊勢屋さんですね」と教えていただいたので

胡麻ドレッシングがなくなってしまったのもあり
行ってみようと思ったわけです。

本当にネットというものは素晴らしく便利なもので
住所も地図もすぐわかりました。

トラムという路面電車で最寄まで行けるんですが
歩けない距離ではないと思い
歩いてみたですよ。

4000歩ぐらいでした。

行ってみたらまぁまぁ!

何でもあるじゃないですか!(水あめはありませんでしたけど)
カステラもありました。笑
(買いませんでしたけど)

あああ、現地ものを使っていろいろやろうと思ってたのに
片栗粉とか味海苔とか
焼き肉のたれとかラーメンとか
結局いろいろ買ってしまった私。

帰りはトラムにのってみましたら
3駅分ほど歩いておりました。
(駅の間隔は近いですよ。路面電車ですからね)

アムステルフェーンはアップダウンがないので歩いていても全然楽ちんなんですよね。
アムステルダムもそうだったな。
なにせ海抜0mの国ですからね。

日本食材店や、日本の食材を扱っているのは近所にけっこう多いという結論になりました。
もちろん、品ぞろえはほどほどですけれど。

でもちょっと高いけどね。
仕方ないよね。

先日、先述した奥様に金曜日のマーケットを案内していただき
自分一人でぐるぐる見ていても気づかなかったことや
試してみたいけどちょっとどうかなぁと思ってたことなど
いろいろ教えていただいたので
マーケットも身近になったし

まぁ、最初から心配はしてなかったんですが
生きていくのに不自由はなさそうです

そりゃそうだよ


あとは画材屋さんだな~。
というか趣味の方に関しては
なるべくお金のかからない方向でとだーさんに言われそうやな。


などと思いながら
伊勢屋さんで買ってきた草大福をほおばるのでした。
久しぶりのあんこだわ。
しあわせ~。





祝!アムステルフェーンにお住まいの方から初コメントをいただいたですよ!
日本とシンガポールのお友達だけではなくてオランダ在住の人もブログを読んでくれていました、母さん!
(姉さんがいないもんですから@ホテル風)
スポンサーサイト

COMMENT 4

tomy  2013, 09. 25 [Wed] 22:32

No title

今日もブログ読んでますよー(*^。^*)
画材屋さんっ、お探しなんですね。
絵とか描かれるんですか?
スポットラーン小さいですが画材屋さんらしいお店がありますよ。
(すみません。入った事がないので。。。外から見るとそんな感じです)アムステルフェーンのバスステイションから、バス170番でアウトホール行き3つ目のバス停がスポットラーンです。5分もかかりませんよ!
先日のカステラのブログ読んでから、ずっとカステラが食べたかったんですが、(自分ではお菓子作れなくって。。。)
今日ナント、同じ会社の奥様からカステラのおすそわけをもらいました。自分でも焼けたらいいなーって思いました。
レシピ教えてくださーい(*^。^*)

Edit | Reply | 

mayachiNLnow  2013, 09. 26 [Thu] 08:37

tomyさん。

今日も見に来ていただいて&コメントで画材屋さん情報ありがとうございます!
はい。絵をかくのが趣味で、といっても決して芸術的なものではないのですが…。

カステラのレシピですか。
南国のレシピをここで作っても、1度ではきっとうまくいかないので
焼いてみて、オランダ用に改良してからでもいいですか?
とりあえず自分で焼いてみないことにはあまりにも無責任なので…。

いや、でも本当に、ご自宅で作られるのでしたらクックパッドにもっと簡単で作りやすいものがありますよ~。
私達の実験結果(レシピ)は、卵黄ばっかり大量に消費して、しかも作るのが結構面倒なんです。(実験なので)
同時にマカロンを作れば卵白は消費できるんですが…。

以前作り方をお教えした事はあるんですが、食べれればもういいわって感じだったので
きっと作りやすいレシピではないんだと思います。(笑)
なのであまりお勧めは…。

それか、もしよろしければ、一度試作品を食べていただいてからの方がいいと思うんです…。
水あめじゃなくて黒糖になりそうなのであれなんですけど。
焼いて、食べられるものができたらブログに載せますのでぜひご連絡ください。(笑)

Edit | Reply | 

tomy  2013, 09. 26 [Thu] 23:11

かすてら

実験結果すごそうですね。たしかに国が変わると、同じ食材でも微妙に違いますよね。
卵もオランダでは黄身が小さいくて、色が薄いですよね。
日本は、鶏さんの餌にいろいろ入れてるのかなー?

Edit | Reply | 

mayachiNLnow  2013, 09. 27 [Fri] 15:11

tomyさん。

おお、さすが、おっしゃる通りです。オランダの卵は色が薄くて黄身が小さいですね。
一台焼くのに何個入るんだろう。びくびく。
コーンが主餌の鶏よりも、ニンジンが入った餌の鶏の方がちょっとだけ色が濃いらしいんですけど
着色剤とかだったらちょっと引きますよね。

Edit | Reply |