寄せ植えに手を出す。

8月にオランダに来て、部屋に着いたとき
玄関外の鉢植えを見て

「なんだこりゃ」

と正直に思った。

いや、確かに外廊下だけどマンションだし、廊下を歩く人以外、だれからも見えないのに
なんでわざわざ玄関横を砂で汚すような鉢植えを ここに!

私の実家は確かにジャングルですが、私はどちらかというとグリーンなどは苦手な方で
ズボラ女子のご多分に漏れず

家サボテンを枯らしてしまうような女なんです。

そんな私にこの鉢植え…。 何の罰ゲーム…。

しかも、枝が伸び放題なのに半分かれていて土の根元には蜘蛛の巣まで張っている。
これは…
「人が住んでいるんだったら絶対放置しちゃいけないよなぁ」
レベルになっていましたが。

ムリムリムリムリ。ああ、どうしよう…。

そんなときはすかさず横浜の心友Y子さんにLINEで相談に乗ってもらいます。
生花からシルクフラワーからアートフラワーまで花なら何でも師範レベルでこなしてしまう
センスもあるし美人で素敵でやさしいY子さんなら
きっとアドバイスをくれるに違いない。

というか、Y子さんの秋冬の鉢植えと同じようにしてしまおうと思ったのである。
(いえ、決して思考停止ではなく、そうしたかったからです)

でもね。
うちの鉢植えのサイズだとそれは難しい。
アドバイスで、アイビーなどの蔦系のものをいくつかそろえて正面にしてみたらと言ってくれたので

金曜日のマーケットでアイビーなどを探していたのですが
蔦ものはほぼ同じようなのしかなくて、色があったり、葉の形が違う蔦系を集めることはできませんでした。
というか、アイビーが少なかった。

パンジーも、好きな色がなかったし。

というか、どうしてアジサイばっかりなんだろう…。

んで

けっきょくすでに寄せ植えになっているものを買って

それをそのまま移植してしまった。

2013-10-04.jpg

モリモリだ!

アイビー以外は何が何だかよくわからないが
なんだか色がいいのでこれはこれでスキ。

一生懸命植え替えて玄関を掃除していたら
近所のオジイサマが「君の家の花かい?いいじゃないか!」と言ってくれたので
それだけでハッピーざんす。
ありがとう~。


うん。でもやっぱりあんまり得意じゃない。
虫がいなくてよかった…。




だーさんが、「外にキャベツと唐辛子が」と言っていた。困った夫婦だ。
スポンサーサイト

COMMENT 0