きょうのざんねんなはなし。

備忘録ついでの書き込みになるのですが
今日のシンタクラースのパーティーで気付いたことを来年の私のために書いておこうと思います。

まず ポエムですけど

根本的に認識を間違えておりました。

「わたしのプレゼントを受け取る相手を想像して伝えたいことをポエムにする」

「韻を踏む」

「ちょっと茶化したような文を入れて楽しませる。ブラックジョークもあり」

というのが、ググったり人に聞いたりして私が得たシンタクラースのポエムの認識だったので
それはそれはつまらないポエム(しかも長くてはためいわく)を書きました。

ですが

今日、パーティーで発表されたオランダ人が書いたポエムを聞いて気づきました。

主語が違うんじゃん!

つまり、「私がだれかに書くのではなく」

シンタクラースが書く」ポエムだったのです。

たとえば
プレゼントが腹巻だとしたら
「君は毎晩お腹を出している だから腹巻を送ろうと思う 首もいつも出してはいるけど マフラーは送らないよ
なぜなら僕には長いひげがあるから マフラーを必要だと思わないんだ 君もいつかはひげが伸びるだろう それまでは腹巻をマフラーにしてもいいかな その時はズボンを深く穿きなさい 風邪をひかないようにね シンタクラースより」
てな具合です。(韻を踏むは割愛します)

そりゃそうだ。

だって この日のプレゼントは

シンタクラースがくれることになっているんだもん!
(良い子の皆さんは小さな文字のところは読まないようにお願いします)

そうか…そういうことか…

というわけでつまり
わたしのポエムはてんで見当はずれな内容であったということです。

来年 もしこういう機会があったら
ちゃんとしたのが書けるといいなぁと思っています。


もう一つ残念な話で

だーさんがオランダの運転免許への書き換えの手続きに行くので
写真を用意しなければいけなかったことを 当日の朝思い出したのですが
どこを調べても写真のサイズの表記を探すことができませんでした。

ものすごく古い記事で3×4㎝というのがあったのですが
持っている写真がパスポート用で少し大きい。

で、印刷し直そうと思ったら
どうしてもL判で印刷するのを認識してくれなくて
何度やっても紙の端っこの方に印刷されて顔が切れてしまう。
今まではきちんとできていたのに
何をどうやってもどうにもならない。

1時間後、もうこれ以上は遅くなれないということで
だーさんはあきらめて
ちょっと大きい写真の周りを少し切って持って行ったのですが

受付に行ったら
「写真が小さすぎる」
と、言われたそうです。

で、たまたま持っていたちょっと大きな写真を出したら
「うーん。顔しか入らないけれど、写真のサイズはこれでいいので大丈夫だと思う」
と言われて受け付けられてしまったそうです。

つまりだーさんの免許の写真は非情に顔だけになりそうなのです。

考えるだけで今から残念賞を差し上げたいです。


ちなみに
今日お会いした方のお話によると
写真はその場で有料ですが撮れるんだそうな。

あんなに頑張った1時間はいったい何だったの?

考えれば考えるほどざんねんなお話でした。




でもね、ぱーりーはすごく楽しかったんだよ!
それに関してはまた後日。
スポンサーサイト

COMMENT 2

ツボミ  2013, 11. 16 [Sat] 02:22

残念なことが重なったねー。おつかれさん。
でも「ほうほう」と納得したり、「がんばってるなー」と思ったり。
住まなきゃ分からないことって色々あるよねー。
こうして知れて私は楽しませてもらってまーす☆

Edit | Reply | 

mayachiNLnow  2013, 11. 16 [Sat] 08:52

ツボミちゃん。

ありがとう~。そうなのよ~。
かなり自分にがっかりしたわ~。(まぁ、毎度のことだけれど)
やっぱりネットの知識だけじゃダメで、住まないとわからないことは多いよねぇ。
楽しんでくれてるなら私の失敗談も救われるよ~。

Edit | Reply |