スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしてまた帽子を編む。

アルバートカイプのマーケット周辺の手芸用品店で
セールになっていた毛糸がまだ一つ残っていたのだが
100gの割には太いせいか短くて 何を編もうか考えていたのだけれど

これまで編んでた変形ベレーの編み方ではなく
先に行くにつれてちょっと細くなる帽子が編みたいなぁと思って
いろいろ考えていたのだけれど

編んでみた。

2013-12-15.jpg

ちょっとごっつい毛糸なので、山型がはっきりでる。

そうしてこんな感じになる。

2013-12-16q (1)
イチゴ帽子と名付けました。

もうちょっとツバの部分を広くしたかったのだけれど
やっぱり毛糸がもう少しだけ足りなかった。

そして出来上がりを見れば一目瞭然なのだが

私の頭は入らない。

どうしたものかと思って、たまたまRちゃんにお見せしたら
色とか質感をとても気に入ってくれたので
「かぶってみる?」と言ってかぶってもらったら

Rちゃんの頭にはぴったりだった!

わかってます。お顔が小さい人はそりゃぁ頭も小さいよね。骨格の問題だよね。
しかも、とっても似合ってた。
そして気に入っていただけたので、もらっていただいた。

嫁ぎ先があって良かった良かった。

きっとあったかいと思うよ☆


この編み方を頭の中で考えていたら
Sちゃんに鍋敷きの編み方をお教えするときに
間違って教えてしまった。
平べったくならないよぅとSちゃんは嘆いていたが
それはSちゃんのせいではなく
私の教え方が間違っていたからです。


ごめんなしゃい。またあらためて、ちゃんとお教えするので許してね。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。