新年早々のざんねんな話。(洗濯機がこわれるの巻)

実は、年末年始はオランダを出ておりました。
4日に戻って、5日は朝から洗濯機をがんがんまわしていたところ

急にぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴと、いつもとは違う鳴き声で洗濯機が騒いでおりました。

見ると「wotertoevoer」というところのランプが光っておりました。

そこを見ながら、「ふむふむ、これの意味はね、お水があふれて…」と
頭では理解しているにもかかわらず

うっかりふたを開けるボタンを(条件反射で)押してしまいまして

ふたがあいたら 水がだばだばだば~。

と、もちろん出てまいりました。

そりゃそうだろ。水がいっぱいになっちゃってるサインが出てるんだから。


仕方がないので床をそうじしつつ
またもや部屋にない洗濯機の取説をダウンロードしていろいろ調べて
排水部分の掃除をしろということだったので
掃除をして事なきを得たという次第ではあったのですが

新年早々最初の洗濯でそんなことおきるかい。
何の因果だよ。

まぁこれも、無事に旅行から戻ってこれたということの後払いなら全然いいかなと思いつつ
再び洗濯を再開したのでした。

皆様は良いお年をお迎えになったでしょうか。


あらためまして今年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

COMMENT 2

blaybiy  2014, 01. 05 [Sun] 18:07

あけおめ

ツイでタイトルを見て心配したけど、
洗濯機は大丈夫だったですね。よかった。

BTW, バルセロナに行ってお肉祭り。
お魚が美味しかった記憶があるけど、食べました?
バルのカタツムリも素朴ですがイケましたよ。

Edit | Reply | 

mayachiNLnow  2014, 01. 05 [Sun] 19:09

blayboyさん。

あけおめdeことよろ

はい。記事を書こうとしていた最初の頃は
やり直しても水がダーダー注水されては手動で排水するの繰り返しだったので
完全に逝かれたかと思ったのですが
なんだか排水口のあたりが汚れていて(ごみはたまっていなかったけれど)それがエラーにつながっていたらしく、だばんだばん注水しまくっていたようで
最終的には、これで最後だ!と、望みをかけつつ洗濯機をまわしたら
何事もなく終了してくれたので、立ち直ってくれたようです。
大家さんの家電ってMieleばかりで、そこってお高いと聞くので、壊して弁償だったらどうしようとひやひやしました。

バルセロナdeガウディ&お肉祭りは本当に幸せでした~。
お魚は時期的なものなのか、あまりお薦めされませんでしたね。
パエリアとフェデェウ?がシーフードだったので納得しちゃいました。
マテ貝をシンガポール以来久しぶりに食べました。味付けはやはり中華風ではなく地中海風(つまりアリオリな…)になっていましたが、美味しかったですよ。
バルにも行ったけれど、カタツムリはなかったなぁ。(メニューを読めなかったのかも)

お肉とソーセージを3キロくらい買ってオランダに戻ってきました。
トリュフ入りのソーセージですって。
食べたことあります?どんな味がするんだろう…。わくわく。

ちなみに、体重計にはまだ乗っていません。

Edit | Reply |