それではさかのぼってお話しさせていただくと。

シンガ向けブログにも書いたのですが(こっちにも書いたか)
7月1日に帰国いたしまして
2日は1日ぐったりしつつホテル滞在準備と家さがしの資料集めをして
3日から賃貸物件を探し始めました。

以前は私の職場の近くに住んでいましたが
今回は旦那の職場に便利な場所にしようと思い
帰国直後は旦那の会社がいろいろ面倒を見てくださるということで

紹介された不動産屋に。

朝早いな~と思いつつ、時間もかかるだろうし仕方がないわねと
先方から指定された時間に訪問しましたら

担当だと言われていた女性に

「はぁ?」 と言われ

何の「はぁ?」だろうかと思いつつ、旦那が会社名と紹介された旨をもう一度告げたところ

「はぁ↓」と、語尾下げつつ、伸ばしつつの変な声を出され
ぐちゃぐちゃのデスクの上でプリントをガサガサとかき回し

「あぁ~」

うちの会社から連絡来てますよね、今日こちらに来るように言われたのですが、と旦那が言い

さらに 「はぁ…」

大丈夫かこの女の人、というか やっぱりこんな人かと納得。

というのも

シンガにいる間に、おすすめ物件を送ってもらっていたのですが
それがほとんど新婚夫婦が入るような小さな物件で。
確かに、二人ですから新婚時代と人数は変わりませんが
すでに十数年経っているわけで
ある程度家具だったり荷物だったりもあるもので
初めに「このくらいの広さで、このくらいの値段で」と伝えているにもかかわらず
いやにしつこくせまーくて駅から遠い だからまぁ、安い、
物件を進め続けていたりとか。

やり取りはメールでできるはずなのに
ものすごく画質の悪い写真をそのままFAXしてくるらしく
それを会社の方がPDFにして送って下さっても

もう、何にも見えませんけど。どこのマンションがこれ?というか、この部屋の真ん中のつぶれた文字はもしかして畳数を表してる?見えないけど。
状態の写真のままだったり。

写真て大事ですから、契約とろうと思ったら
そのへんていろいろ工夫があってもよいのではないんでしょうか。
リンクのURL貼るとかでもいいんだし。サイトに物件写真あるんだし。

結局、物件名見てネットで探してそこで写真と間取りを確認するという作業が長かったです。

まぁ、そんなまえふりがあったので
むしろ積極的に契約してほしいとは思ってないのかもと予想していたので
それが的中した感じでした。

私としては
もうそのやる気のない「はぁ」で
ここは出ようと思っていたのですが(普段は我慢強い方だと思ってますので、つまりそれほど感じが悪かったのだと想像してくださるとありがたいです)

ここはだーさんの顔もたてないとと我慢してたところ
私のそんな空気を察してか

担当を、その場で、若手の男性社員(たぶん後輩か部下)に
「この案件なんだけど、暇だったら変わってくれる?」と言い放った。

結果的には、この若手の社員くんが
なかなか頑張ってくれるいい人だったので良かったのだが
もう少しで帰るところだった。

その日に見学した部屋の一つを候補にしてその日は決めずに終了し

次の日に違う不動産屋さんに行ったのでした。

いや、こんなこともあろうかと
ちょっと地区をずらして、別の不動産屋さんにも予約しておいたのよ。
よかったわ~。

二日目の不動産屋さんは
これがまた、天と地の差とはこういうことかというくらい
真摯で丁寧で一生懸命なアドバイザーさんで

それが、その人だけではなく、オフィスの人がみんなそんな感じで

そこがたまたま前日に候補に挙げた物件を進めてくれたので

二日目の不動産屋さんと契約しちゃいました。

お客の心理なんてそんなもんなのじゃないでしょうか。
同じ値段だったらやっぱり感じの良い方にしたくなっちゃうよね。

初日の若者もいい人だったんだけれど
契約したらきっとあの女上司がちゃっかり持って行っちゃうんだろうなと思うと
なんか抵抗がありました。

ええ。ちっさい人間ですが、何か。


ところで、そのちっさい私
左腕にひびを入れたのはまさにこの日でありました。

以下次号。
スポンサーサイト

COMMENT 4

odette  2012, 11. 18 [Sun] 12:00

No title

おじゃまします~。
お家探しお疲れさまでした。
いや、これは当然ですよ、そして個人的に「はぁ」という返事大嫌いです。というか、返事じゃないですよねあれって!
こういうエージェントは人柄大切だと思います。

Edit | Reply | 

mayaち  2012, 11. 19 [Mon] 00:40

odetteさん。

いらっしゃいませ~。
こんな埋もれたブログを読んでくださって
そして同意くださってありがとうございます。
書いた後、上からだったかしら、どうしやうと
思っていたのでちょっと救われました。

私が接客業経験者なので
過剰に反応したところもあると思いますが
やっぱり人柄大切ですよね
(表向きだけでも)

Edit | Reply | 

caco.  2012, 11. 19 [Mon] 05:53

涙・・・

物件を決めるのにそんな流れがあったとは!?
「はぁ?」はないだろッ。
同じ物件ならば、やはり接客の良いところを選ぶのは当たり前だと思います。
気持ち良くいたいですもんっ。

会社からの担当を言うので、あぐらをかいてらっしゃるんじゃないんですかにぃ~??
ましては、海外赴任から久しぶりの帰国なのによぉ~・・・、なんてこった。
本当にお疲れサマでした。

Edit | Reply | 

mayaち  2012, 11. 19 [Mon] 09:21

caco.さん。

ありまとう~。
シンガポールにいた時に
「サービスってある意味お金で買うものなのよね。スマイル0円なんて日本だけだわ。日本の接客スバラティ~」とか思っていて
「輸出すべきおもてなしの文化」というものが存在するというのは妄想でしたわ。
シンガにだってタイにだって、マレーシアにだって、接客能力の優れた人はいるし、そうでない人もいるのよね。
もちろん、教育や、気付きや、まぁ、その日の気分とか体調とかもあるかもしれないけれど
結局のところ、個人の資質によるものが大きいということなのかも。

Edit | Reply |