ボンバ米

私は、最近ではめったに料理をしなくなってしまったのですが
(だーさんが家で晩御飯を食べないため)

実験と称して自分ごはんくらいは作っていないと
料理なんて使わない英語くらい忘れちゃうので

興味が湧いたものは作ってみようと思う今日この頃です。

パウンドケーキしかり、生パスタで簡単パスタしかり。

で、今興味があるのはパエリアで
バルセロナで食べたパエリアが美味しかったというのもありますが
ひとりパエリアというのをちょっとやってみようかと。

作り方は知っているのですが、作ったことがないのです。

でも、決して本格的なものではなく
あくまで簡単に作れる程度のものと考えていたので
パエリアの素とリゾット米を買ってみたのですが

それらを使う前に
会員制のスーパーで

ボンバ米を発見しました!

2014-02-03 (1)

ピレネー山脈の水に育まれたBRAZALのボンバ米だよお!

買えるんだ…。

インディカ米や、タイ米、だと水を含まずにパサパサしちゃうし
リゾット米だとダシをあまり吸わない。
日本米だと水を吸ったら柔らかくなってべちゃべちゃになっちゃう。

ボンバ米は、水分の吸収力が日本米よりもさらに高くて、しかも表面がどろどろ柔らかくならないので
パエリア向きなんです。

パエリアの良しあしは、お米でずいぶん変わるんですよね。

でもまぁ、作ったことない人が作るんだから、最初は実験でしょうけどね。

また作ったら書きます。


それとは別に
東方行で久しぶりに買ってみたこちら

2014-02-03.jpg
シンガポールではこればっかりでした。
懐かしい~。
オランダでも買えるんだね…。

シルケントウフ、つまり絹豆腐ということなのですが。

あまりにやわらかくてツルツルでピカピカなので
何か入ってるんだろうなぁとは思うんですけどね。

でも、これが買えるとなると…森●のは食べたくないなぁ。

同じシリーズの木綿は好みが分かれるところだと思うんですけどね。



火曜日のマーケットで買って来たクロワッサンでお昼をいただくことにしま~す。
スポンサーサイト

COMMENT 0