指編み帽子と箱菓子と

確か去年も今頃やってた編み物を
訳あってやっています。

昨年はかぎ針、輪針、指編みリリアン
でしたが
今年は指コマ編みからスタートです。

とりあえず、帽子



被った姿をお店出来ないのが残念ですが(笑)
結構かぶりやすくできています。
指コマ編みは
コツはいりますけど基本的に簡単で、時間もかからないので
帽子は不慣れな方でも2時間もあれば出来ると思います。

先日、ハールレムで毛糸が「2個買うと3個目無料!」だったもので
大量買いしてしまい
同行のお友達をドン引きさせてしまいました。

皆さんにも楽しんで頂ける機会を設けますので、どうぞお待ち下さいね☆

さて
編み物のお供がお菓子かどうかは謎ですが
久しぶりにこれを見つけました。

フランスの箱菓子なんだけど
薄いクレープをロールしてチョコかけたものの中では、一番好きです。
薄いクレープをロールしてチョコかけたものがそんなに色々有るのかとお聞きの方もいるでしょうが
あるんですよ。
そりゃあ高級なものから安いものまでね。
でもこれが一番好きです。
生地の軽さと、サクッと感、チョコのビターさと多すぎず少な過ぎずの量、絶妙です。

あと、もうひとつ
某お菓子教室の先生の手作りを頂いてハマったガレットブルトンヌですが
(本当はこの厚みのものはパレットブルトンヌと呼ぶ方が多いらしい)
パリの中心地であちこち見て回っても美味しいところは見つからず
こういうものはやっぱりブルターニュとかアルザスとか、通な人が行く様な田舎町じゃないと無いのかもと
自分で焼いたりしていましたが

見つけましたよ


しかも箱菓子だし!
そりゃあプロの手作りには負けますが
私が焼いたのよりは美味しいよ。
こちらもやはりフランスの物でした。

ううむ。やはりフランスなのか…恐るべし。

でもまだパリで美味しいケーキに巡り会って無いんだけどなぁ。
なぜ?

スポンサーサイト

COMMENT 0