スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年に1度はやられちゃうの巻。

私は食べ物にアレルギーがありまして。
主に
生トマト
桃、梨、キウイ、枇杷など、表面に毛のはえた果物がダメなようです。

ただ時折、食べれたはずのものがダメだったりすることもあります。
例えば
昨年はグレープフルーツジュース。
これは、グレープフルーツ100%と書いてあったので買ってみたものの
おそらく桃ネクターと同じ機械を通っていたか、もしくはとろみのためにそのものが1%未満で入っていたかで
やられてしまったのですが
濃縮還元のグレープフルーツジュースは今でも飲めます。(そりゃ、生じゃないからな)

普段の私は健康そのもので
ちょっとやそっとじゃ風邪などひかないんですが
アレルギーで最初の粘膜壁を破られてしまうと
こうも簡単かい!と思うくらいにたやすく
常在菌(発症するかどうかは別として、たとえば風邪の菌なんてものはいつでもだれでも持ってるもんで、免疫が落ちちゃうとコロっと風邪ひいちゃうのよねと勝手に思っているので)に瞬く間に感染して
炎症を起こしまくってくれるのです。
最初はアレルギー用の薬を飲むのですが
炎症が広がると、風邪薬の方が役に立ちます。

つまり、のどの痛み、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、熱、気管支炎、咳、という症状が
面白いように毎回順番にやってくるのですよ。

アレルギーが直接パンチしてきたときは、胃腸に直接来てしまうので
食あたりのような症状に苦しんだ後は
乳酸菌をしこたまガリガリやって
あとは皮膚の弱いところがかゆくなるのをひたすら我慢する

という2パターンになります。

今回は、オランダで日本のきゅうりの代わりに使っていた
キュウリっぽい小さいやつでした。
ちょっと冷蔵庫のすみっこでお隠れになっていて
新鮮とは言い難い感じだったので
ひと切れ試してみたところ
口の中がピリピリしたので、処分させていただいたのですが
じわじわと口の中に違和感が広がり
次の朝には喉がいがらっぽい感じに。

免疫がアレルギーでお休みしちゃったところで
炎症のオンパレードになってしまいました。

5日たって、声は出るようになりましたが
鼻にかかった変な声で
横になると喉の奥がまだぎゅるぎゅる音を立てています。

寝てばっかりなので、体力も落ちてしまい
せっかく毎週のゴルフでいい感じになってきた筋肉が
だらんだらんになってしまいました。

しかも、これは風邪じゃないのよと何度も言っているのに
だーさんが「喉が痛い」などと言いだしました。
風邪じゃないから、うつすものないから、それは自分の不摂生か気のせいだと
早く気づいてほしいもんです。

それにしても
昨年も確か11月あたりだったんだよなぁ。
そろそろ年末調整が始まっているようです。(税金のではなく)

これを乗り越えれば
また元気にもなるだろうし
免疫が活発化してしまうので
裏を返すと、食べられないものが増えてしまうということにもなるのですが。

いいんですけどね。普段食べすぎだからさ。




スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。