年末に頂いた素敵なギフトあれこれ

日本にはお歳暮という習慣がありますが
オランダには特にそういうものは無いようです。

お友達同士でクリスマスプレゼントのやり取りも特にありませんしね。

あ、でも会社からクリスマスギフトがあります。
これはシンガポールでも欧米系の会社は社員にクリスマスギフトを渡していましたが
オランダでもそういう習慣があるようです。
家のだーさんの会社はもちろん日系企業ですが
現地社員の方が多いので現地の習慣に乗っ取られたのかもしれませんが
2年前にだーさんが突然でっかい段ボール箱を抱えて帰ってきたときには驚きました。

ですがこの中身が…。

主に食材、飲み物、お菓子などなのですが
日本人的にはほとんど口にできないものが多く
(ものすごく甘いとか、すごく甘いとか、結構甘いとかのお菓子や、死ぬほど酸っぱいジュースとか料理に使ったこともないようなペーストだったりとか)
一昨年も辟易していたのですが
2015年のクリスマスギフトはかなり使えるものでした。
誰だかわからないけれど、選んでくれた人、グッジョブ。

閑話休題

そんなわけで、うっかりしていたのですが
オーナーさんがクリスマスプレゼントを持ってきてくれたのです!

2015-12-23a mini

オランダのクリスマスのお菓子
パイ生地の中にアーモンドプードルのペーストが入っているあれです。
しかも円になってます。
手作り感満載の、おそらく地元の方に人気のお菓子屋さんのものなのでしょう。
箱もちゃんとしていました。

うん。甘いです。

オーナーさんの温かいお気持ちがとっても嬉しかったです。
何も用意していなくて申し訳ない。一時帰国したら日本のお土産を送ることにしましょう。


いつも遊ばせてもらっている同じ階に住んでるAY子ちゃんのお子さんのTKちゃん(そろそろ3歳?)が
なんとお花を持ってきてくれました。

2015-12-31cmini.jpg

初めて会ったときはまだちょっとしか話せなかったのに
ものすごく話すし(英語も達者だし)「こえどうじょ」と言って渡してくれた時にはおばちゃん泣きそうになっちゃったよ。
あったかい気持ちをどうもありがとう。


いつも遊んでもらっている同じマンションのAK子ちゃんが
旅行から帰ったのが大晦日。
その足で「お土産~」と思ってきてくれたのが
リスボンの有名店のエッグタルト

2015-12-31bmini.jpg

iphoneのカメラが思わず顔認識してしまうような色具合ですが、周りの色が白いのでタルトが濃く写ってしまっているだけで
実物は多少こんがりの色目がありますが、安心してください。焦げてはいません。

これが発祥。中華系のエッグタルトはおそらくこれの亜流です。
生地が全然違いますもん。
こちらはうす~いパイ?ロティプラタのような生地です。
いやぁ、もうめっちゃ美味しかった。
今までで一番おいしいエッグタルトだった。

本当にどうもありがとう。幸せいっぱいです。

エッグタルトなんてどれもそう味なんか変わらないだろうと思うかもしれないけれども
微妙に違うんだもん。そう、誤解の無いように言うと他の人にはどうかわかりませんが
私的には一番好きなエッグタルトでした。

そう思ったのは私だけではなかったようで

太っ腹のお友達は6個も買ってきてくれたのだけれど

だーさんが4つも食べました。

大事に最後に1個取っておいたのに。

あるお正月の朝
ま「朝ごはんは何がいいかね?今日もお雑煮とかにするかね?」
だーさん「うーん」
ま「和食は飽きたかね。スコーンでも焼くかね。ハニートーストでもするかね」
だーさん「うーん」
ま「……… エッグタルトもあるけど」
だーさん「それだー!」

まぁ、私が負けたんですよ、はい。


そんなこんなで皆さんに支えられての年越しになりました。
不束者ですが、今年もよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト