カフェでアミアミ。

金曜日は某ボランティアに参加して
その後は送別会でした。

最近本帰国の方が多いなぁ。

でもあれだ
私はやっぱり送別会は苦手だ。

自分が送別されることを想像するとヒィ~となってしまうので
送別されないように忘れられた頃に静かに去りたいと思っている。

もちろん、送別をしたい方の気持ちもとてもとても良く分かるので
人にはそんなことは言わないけど。

前任地でも合同送別会みたいなものからは逃げ切って
サプライズっぽいものからも逃げて逃げて

本当に二人っきりで、とか3人で、と声をかけてくれた方と
最後に行きたいところにそっといくつか行ってきた。
それがとっても幸せな時間だったのだ。

もちろん、たくさんの人に囲まれた方が幸せな人もいるだろうから
それはそれでいいと思うし
こんな私にも送別してもらってもいいよという人がいるなら
喜んでさせていただく(やる方はウェルカム)のですがね。

まあ、それはさておき。

そんな、1日にイベント2個を過ごした後こそ
お友達とまったりとお茶したくなってしまう私で
一緒に帰ってきたお友達を(半ば強引に)お誘いしてカフェに行った。

よく考えたらはた迷惑な。

すみません。

D・Eのカフェメニューに
ザッハトルテが増えていた。



ザッハトルテと聞いたら食べずにはいられないじゃない?



んでまぁ、どんなザッハトルテかと言うと
東京にたくさんあるチェーン店の喫茶なんとかのチョコレートケーキみたいな感じでした。
不可ではないけれど、可ではない。


ただお茶をしてだべるだけでは申し訳ないので
彼女が前から興味を持っていたかぎ針編みを即席で一緒にやってみることにした。

たまたま持ってたのよー。
かぎ針2本と綿玉~(間違いなく仕込み)

最初こそ難しいので、苦戦してたようだけれど
あっという間に指が慣れてきたみたいで
どんどん進んでいく器用なお友達。

楽しくなってきた~と言ってくれて
どうやらはまってしまったようです。

私も編み始めると終わるまで止まらないもんですから

寝る前まで編み続けてしまった



連なりコースター。

ハサミを出すのが面倒だったんです…。

お友達には、かぎ針編みの基礎の本と
お気に入りの編みぐるみの本と
練習用の毛糸をお渡ししてしまった。
どこまでハマっているか後でお聞きするのが楽しみです。


でも肩こりがひどいのよねぇ。続けちゃうとねぇ。

ふー。

スポンサーサイト