テロの犯人が捕まったらしいので。

先日報道されたニュースによると
パリのテロの実行犯が捕まったそうです。

ホッとしたというか、そうでもないというか。

実は、奥さんたちだけでブリュッセルに行くのは自粛して下さいねというお話が
会社の方からあったようなので
というか、万が一のことがあったらと思うと
さすがになぁとは思っていて
ブリュッセルにもパリにも行っておりませんでした。

あら、こんなことを迂闊に書くと
また駐妻がお気楽なこと言ってるわとか言われちゃうわね。

いや、でも

テロの実行犯が捕まったからといって
もう何もないだろうなんて甘い事は誰も考えてはいませんです。
ヨーロッパではやはりみんながそれなりの危機感を持っていると思うし。

かといって、ビクビクしていても何も始まらない。

寒い冬の間は皆さん遠出はなさらないでしょうが
イースターが終わって春がきたら
外に出る人もいるだろうし
私の住んでる地域の近くにも、移民を受け入れる住居の準備を進めていたりするし。
いろいろ環境も変わってくるのではないかと

これに関しては、オランダ人とも話をするんだけれど(オランダ語じゃないよ)
移民を受け入れることには賛成だけれど
ドイツの例で言えば、誰も彼もが本当の意味での移民ではなくて
でもそれを精査する事などはすでに不可能で
どさくさに紛れて反社会的な人や、職業泥棒が入ってきたのも事実で
そういう人が電車でドイツの外に出るのは比較的容易で…。
そういう状況で無策のまま際限なく受け入れるのはやはり難しいよねと
何かキチンとしたシステムを考えなくてはならないよねと

事実、最近金曜のマーケットでもスリが増えているそうで
おまわりさんが多めに巡回しているようです。

ふと立ち止まって考えると
絶対に安全な場所なんてどこにもないんだよなという
当たり前のことに気づく。

それはたとえ日本であってもそうなのだ。

人災でも天災でも事故でも病気でも
明日自分の身に何か起こらない保証なんて無いのだから。

どこに住んでいてもね。

そう、どこに住んでいてもだよ。
自分が今いる場所について
思考停止にはならないようにしなくてはね。


我ながら意味不明。








スポンサーサイト