最後の晩餐にはありつけない。

イースターはミラノで過ごそう2日目は

バスに乗ってアウトレットへ行くのであります。
だーさんお気に入りのお店があるそうです。

本当は日曜日にここに行くつもりで計画を立てていたのだけれど
他のアウトレットは開いているのに
目的のアウトレットは日曜日がお休みだったのです!
それで土曜日にアウトレットに行く事にしたのですが…

だーさん大誤算!
1泊無駄にした~と悔やんでいたのですが
アウトレットのバスを予約するサイトに

ミラノ観光と最後の晩餐鑑賞のインフォが。

日曜日でも見れるんだ!そうか、その手があったのか
まだ見た事無かったぞ!

というわけで、最後の晩餐のサイトでチケットを見てみるものの
すでに売り切れ…
そりゃそうだわよね。

そしたらだーさんが「良いじゃない、旅行会社のツアーに参加すれば」って

「ええっ!だって直接観覧すれば€8なのに、半日観光ついたら€75かかるんだよ!そそそそんな贅沢もったいないよぅ」
と、躊躇する庶民。

「だって、見たかったんでしょ?本物、あれは壁画だから別のところじゃ見れないんでしょ?」
と、言いながら、ツアー申し込みをしてくれました。

だ、だーさん………。

うるうるうるうる。

ありがたいなぁ。

そんなわけで日曜日の予定も無事決まり
アウトレットでお買い物。

お昼はやっぱりパスタなのだ。



おばちゃんが豪快に盛り付けてくれたのです(笑)

2日間めいっぱい歩き回り、結構疲れていたので、ホテルに戻って仮眠して

ちょっと遅くなってしまって晩御飯はまた近場のおなじみのところに。
だーさんも出張のたびにきてるので、慣れてる感じ。
お店の人も良い人なので、ちょっとメニューにないものを注文してみた。
このお店は安心できるのであった。

シーフードを出すイタリアンレストランで、日本人に ぼったくりをしようとしないお店は
あまり多くないのです。
ローマで危なかった私たち。でもこのお店なら安心。



イカスミ のリングイネをお願いしてみた。すっごく美味しかった!
あとイカフライ
だーさんも初めてのパスタにチャレンジ!
ここはフォッカチャも美味しいので、つい食べ過ぎてしまう。

食べ過ぎてしまう…。

食べ…過ぎて…。

やっちまった!

いわゆる、スタマック・フルという状況からのバーンであります。
(直接的な表現になりすぎないようにカタカナを多用しております)

そう、その夜の私はトイレの住人。

Akちゃん 言うところの 「地産地消」(笑)

陣痛ってきっとこうなんじゃないかしらと思うくらいの激痛にうなされ眠れない状態。
朝になっても痛みは治まらず、起き上がる事もできない。

そうなんです

見れなかったんですよぉ~、最後の晩餐がぁあああああああ。

と言うか、明日帰りの飛行機に乗れるのか⁈
という状況。
ただの食あたり(いえ、食べ過ぎ) で病院など行けない~というかそもそもイースター祭日に病院開いてるわけないじゃん!

とりあえず、手持ちの薬が効き始めたのは最終日の午後。
ムコスタ君、ありがとう。もっと早く飲めばよかったよ。

だーさんから送られてきた写真に涙する私。



だーさんは、貴重な休みとお金を無駄にした私を
一切なじらなかったし怒らなかった。
なんて優しさだろう。
本当にごめんなさい。調子に乗って食べててごめんなさい。

食いしん坊、謝罪。

まぁね、アタシの人生なんてこんなもんですよ。
全部幸せだったらバチが当たりますよ。だってたくさんお買い物もしてもらったんだもん(主にお菓子)。
ミラノまで連れてきてもらったんだもん。
行きも帰りも2人とも無事だったんだもん。

ううううう、ダヴィンチは私を嫌ってるのだろうか…。いいよ、ガウディが優しくしてくれるもん(もはや意味不明)。

というわけで、最終日、リアル最後の晩餐も逃した私は、もちろん最後のイタリアンを食べられるはずもなく
翌日オランダに戻ったのでした。

戻れたのよ。

そして翌日もちゃんとお約束にでかけられたのよ。

丈夫なんだかそうじゃないんだかわからない私の身体です。

というか、食べすぎるなよ(笑)

スポンサーサイト