スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がなんでもできるワケ

私がなんでもできるわけ。

私がなんでもできる?
そんことはない

そう言われるたびに
私にはもう完遂できないあることを
突きつけられるだけだ。

あなたは
子供を産んで育てるという
人として生きている証を
立派にやり遂げているじゃないか。

当たり前のこと、自然の流れと言うかも知れないが、その流れに乗るのがどんなに奇跡的で、ここまでくるのにどれだけの時間と労力を費やし、愛と努力と犠牲の上に成り立った『当たり前』なのか、あなたは気づいていないだけなのだ。

私があなたより少しだけ何か出来ることが多いのだとしたら、
それは私に与えられた時間と環境が作った流れの中で、当たり前に過ごしてきたからに他ならない。

だから、あなたが私をすごいと言ってくれるように
私もあなたの事を尊敬し、同じ女として誇りに思うよ。

私と同じ境遇の多くの友人に対しても
彼女達が時間をかけて育んだスキルと生きてきた道を思うと
尊敬せずにはいられない。

若い人には時間と未来と
まだまだ奇跡が起きる可能性がある。
準備し、抗わず、その奇跡を待っていればいい。
準備を整えるのと抗うのは違うことだ。

良くも悪くも人は環境によって作られる。
長い年月をかけて。
だから自分の環境を無駄には出来ない。
経験はそこからしか生まれないからだ。

私たちはただの生き物だから
産まれてきたことに意味なんかない。
でも、生きながらえていることに理由を作ることはできる。
生物としての私が生きている理由はすでに終わっている。
それでも生きていけるのだから
生きている間は頑張りたいと思う。
誰かのために、何かのために
支えたいと思った人のために
より良く生きたいと思う私のために

私が出来ることを。
ただ、できるだけ。




これはただのポエムなので(笑)
コメントはご遠慮下さい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。