自分がいかにちっさい人間なのかと知らされた日々でした。

世の中にはいろいろな事がありまして
いろいろな人がいるもんです。

これまで、いろんな人に助けられて
いろんな人に優しさをいただいて
ソウイウヒトニワタシモナリタイと
心がけてはいるつもりですが

時々プチんといってしまう事があります。

所詮器がちっさいという事なんですよね。
まだまだ修行が足りないなぁ。

そうは思いつつもやっぱり絶対に受け入れられないのは
もうどうしようもないと思います。

例えば、ブログでも、そういうことがあります。

私のブログにイニシャルで出てくる方に、突然(仲良くなってからなら良いけれど、ほぼ初対面で)
「まやちさんのブログに出てる◯◯さんて、あなたのことですか?」と聞いたり
(イニシャルで書いてる意味がなくなるだろ!)

ブログにコメントを下さった方に、なぜか私のブログのコメント欄でお返事してたり
(何で私がもらったコメントに、関係ない人がお礼を言ったり返事をするのかな?)

コメント欄にブログ本文かい?と思うぐらい自分語りをしていたり。
(自分でブログを始めてください)

どれも些細なことなんですがね、ダメなものはダメなのよ、の自分ルールです。
他の方は全く気にならないことなのかもしれません。

また、1年くらい前に初対面の方に
「私、まやちさんの家の向かいに英会話をしに週に3回くらい来るんで、(私の家はすでにリサーチ済み)ちょうどお昼に終わるから、ランチとかにさそってもらってもいいかなと思ってるんだけど」

といわれてドン引きました。なんだいそりゃ。

自分よりあきらかに若い人が初対面でタメ語で話してくれても、全然オッケーな私ですが
なんだかこれはダメでした。
タメ語がどうとかではなく、真意が全くわかりませんでした。
私と一緒にランチがしたいという気持ちが1パーセントも伝わりませんでした。

その後も何度かランチをしましょうと言う連絡があるたびに、私の予定をお知らせしましたが、お返事は中途半端で
日程が決まったことはありませんでした。
私が食べられないもので誘われたこともありました。それはお断りしました。
行く気もないのに声をかけるのは本当に迷惑です。
というか、意味が分からない。
まぁでも、日程が決まってしまってもそれはそれで嫌だったから決まらなくてよかったんだけどさ(笑)。

ただ、そういうことがあるたびに、イラッとするたびに
なんて器がちっさいんだろうとぐるぐるしてしまう自分がいるのであります。
本当にしんどい日々でした。

そうです。過去形です。もう過去の話なんです。
ちなみに 言ってしまうとこれらのことが全部同じ人、1人の人の所業だったわけですから
もうそれは運命的に私とは合わなかったのだと言うしかありません。

申し訳ないが、私の人生もそんなに長くない。
限界を超えるほどは我慢できない。ダメなものはダメなんです。

生きてる間はとりあえず修行だと思っている私ですが
この時期だけはブラックをためてしまって徳を積むことができませんでした。
そのぶんこれから気持ちを入れ替えて頑張ろう!
目標としている人に、数年後近づけてるといいな。

いや、もちろん、理不尽には理不尽で対応しちゃうけどね、聖人じゃないんだからさ。
ただ、若い時みたいに本気ブラック発動とかはしないですよ。子供じゃないんだから。

ブラックまやち

…と、おもうけれども、どうかな…。
スポンサーサイト