スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月にもなって1月のことをあれこれと。

年末年始には、だーさんのお母様がうちで年越しをされたのですが



それはさておき。

そのあとには実母が我が家に来ることになっていたのですが
11月末に風邪で体調を崩して、12月末になってもなかなか良くならず
それでも仕事に行っているので休むわけにもいかず
気力が落ちてしまって、遠出する気になれないと連絡が入ったんです。

母はアクティブが取り柄の人でしたから、私はその言葉に驚いてしまって
だーさんにお願いして、私が実家に行くことにしたのです。

まぁ、七草粥も終わってからでしたけれど。

私が実家に行くよと言った後、徐々に体も持ちなおしてきたようで
私が実家に行ったときにはすでに元気になっていたのが幸いでしたが

なのでまぁ、いつものように 映画のはしごをしたり
食事したり買い物したり
2階のベランダの雨どいを、応急処置ですがなおしてみたり
蛍光灯や電球を変えたり
台所の蛇口を交換する手配をしたり
ちょっとは親孝行っぽいこともできたのかなと思わなくもない感じでした。

うちの母は、時々日本語がおかしくなることがあるのですが
(バリバリの日本人です)
今回もそんなエピソードを一つ。

洗濯物を干している時に母が
タイツを洗濯ネットにいれて洗ったにもかかわらず、タイツに糸くずがついていることが気になったらしく
「ちゃんとネットに入れてるのに。ファスナーもしてるのに。なんで糸くずが付くのかしら。どこか破れてるのかしら」
というので、
「その洗濯ネットはタイツ専用?昨日他の物入れて使ってなかった?」
と言ったら、なんで?という顔をしたので
「だって、外からつくわけないんだから、もともとその糸くずが中にあったってことでしょう?白いものとかいれて使ってたんじゃない?だったら、干す時に裏返して糸くず落とすとか、たまには裏返して洗わないと糸くずが残ったままなんじゃない?」
と言ったら

母が驚いたように

「ああ!そっか~、そうだね~!お母さん目に鱗(うろこ)!!

「なんで目に鱗入れてんのよ。余計に見えなくなるじゃん。コンタクトレンズかい!

…なんて
ほほえましい会話がありました。
ちなみに、「目から鱗が落ちる」というのが正解です。

そんな母ですが
今回はちょっとレトロな映画館に連れて行ってくれたり
二人で映画を4本も見たり
ipadを欲しがったり

まだまだ行動的なようで安心しました。

元気でいてくれるのが一番ありがたいですね。

そんなわけで
次回はレトロな映画館のお話でも(写真あり)
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。