スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってみたかったとこに行ってみた話

オランダに来てかれこれ4年目だけれど
まだまだ行ってないところはいっぱいある。
あと1年で全部行けるかというとそれは無理だと思うし
そもそも観光目的でオランダにいるわけでもないのでそれほどの焦燥感もない。

東京近くに10年以上住んでても東京タワーに登らないようなもんだ。
それでも東京タワーは日本に帰ればいつでも行けるじゃんと思うかも知れないが
日本にいるからといっていつでも行きたいとこに行けるわけではないんだよね

そういう意味では「せっかくオランダにいるのに」行かないところがあるからと
そんなに悲観的になる必要もないんじゃないかと思うのだけど、どうだろう。

国外だろうが国内だろうが本当に行きたいところに行けばいいし
同じとこに何度行ったって無駄にはならないし

自分1人ならそれほど積極的に行かない場所でも
連れてってもらえるというなら喜んで行ったりするのもアリだと思う。

前置きが長くなったが

お友達がIJ-Hallen に誘ってくれた。だーさん同行で。
ヨーロッパ最大のフリーマーケットである。
WebページはこちらlJ-Hallen

アンティークとかにそれほど興味があるわけではないのだが
見ているだけでもフリーマーケットは楽しい
今回は洋服が多かったけれど、季節が変わると出品の傾向も変わるようなので
また来てみたいなぁと思ったりした。
意外にも、だーさんの方が蚤の市に興味があったりするのである。

私はどっちかというと出てみたい方だった。売り子でね。コミケ魂が騒いだわ(笑)。

それから
やっと行けたぜパン屋さん。



クロワッサン、カヌレ、フィナンシェと
季節がら、ガレット・デ・ロワも有ったのでこれでみんなでお茶をした。



フランなんとかというアーモンドプードルだけではなくて
りんごも入っているものにしてみた。



美味しくいただきました。

フェーブを当てたのはうちのだーさんで(空気読めなくてすみません)
靴が入ってました。



さすが王様(笑)


前置きに追記なのだが
そう言えばオランダ人のお友達と
「オランダの街で有名なところでも、行ってないところがいっぱいあるわ」
と言ったら
「小さな町は雰囲気もあって可愛いけれど、結局のところどこも同じだから、あまり気にしなくてもいいわよ」
「そんなもん?」
「小さな赤レンガの家、時々カラフルで、運河にかかる小さな跳ね橋(茶色か白か海辺は緑とか)、古い商店街の窓の大きな小さなお店」
「…なるほどね」

ちょっと安心した出不(デブ)精であった。

スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。